TL-16K5FBL

Opt-C:Link対応、高解像度・高速走査、16372画素
CMOSラインスキャンカメラ

概要

  • Opt-C:Linkインターフェースを採用し、TL-16K5FBL : 38.9KHzで100mの画像伝送が可能です。
  • 116,372 画素2Line のCMOS リニアイメージセンサを搭載
特長

  • 5µmスクエアと画素サイズが大きく、高感度・高精細な画像を得ることができます。
  • グローバルシャッタ機能及びFFC機能を搭載しています。
  • 光通信を使用しているので、ケーブル伝送中のノイズの影響が大変少なくなっています。
  • 一本の光通信線内で画像データと制御信号を送受信できるので、省配線に貢献します。
  • 独自設計による小型・軽量製品です。
  • TDI モードの使用により、感度を2倍にできます。
  • デュアルラインモード時、スキャンレート34KHzの出力が可能です。(シングルライン68KHz相当)
用途

  • 画像検査などの画像処理装置の入力機器
  • 半導体ウエハ・液晶パネルの検査機器用途
  • 外観検査や各種寸法測定などの計測装置の入力機器
  • シート状物体表面検査装置の入力機器
  • 高画質のパターン検査装置の入力機器
  • その他コンピュータと接続して行う画像処理用途
感度波長特性

仕様

型式 TL-16K5FBL
撮像素子 グローバルシャッタ方式
2ライン白黒CMOS
画素数 16372 × 2Line
ライン間隔 10µm
画素サイズ 5.0µm×5.0µm
受光素子長 81.92mm
飽和露光量 25ke-(typical)
出力不均一性 標準 15% 飽和出力の50%時(素子上)
ダイナミックレンジ 64dB(素子上)
ビデオ出力
(デジタル出力)
Opt-C:Link マルチモード
データレート 1,120MHz(70MHzx16TAP)
スキャンレート(scan/sec) シングルラインモード 38.9kHz   
デュアルラインモード 68.0kHz(34.0x2) 
ライン転送パルス入力 シングルラインモード 25.7µsec(Min)
デュアルラインモード 25.9µsec(Min)
ゲイン アナログゲイン 0.9倍 ~ 6.4倍
デジタルゲイン 1 ~ 3.9倍 0.015ステップ
電源容量 +12V ±0.5V(1.0A以下)
動作温度範囲 0~+40℃
動作湿度範囲 85% MAX
保存温度範囲 -10℃~+65℃
レンズマウント M 95、P=1.0mm
フランジバック 9.4mm
コネクタ 12V電源 HR10A-7R-6Pヒロセ電機
SFP+コネクタ×2
重量 700g以下
外形寸法 110(W)×118(H)×32(D)突起部除く

※ 仕様は改良などのため、予告なく変更されることがありますのでご了承ください。

外形寸法図