FD500GE

500万画素、8,400プロファイル/秒(最速時)、水平2,560画素の3D計測用
光切断方式3D計測用カメラ

概要

  • 映像信号およびプロファイルデータは、プログレッシブ走査でギガビットイーサネット(Gigabit Ethernet)規格に準拠して出力します。
  • GigE Vision 規格に対応しています。
  • デジタル出力は、8/10/12bitの切替が可能。
  • イーサネット経由のシリアル通信を用いて、カメラの内部設定値の外部制御が可能です。
特長

  • 水平画素数は2,560と光切断方式3D計測用カメラで業界最多の高分解能。
  • グローバルシャッタ動作のCMOS撮像素子搭載で、動体を撮像した場合でも画像に歪みが生じません。
  • ランダムシャッタ機能により、外部信号との同期動作が可能なのでロータリーエンコーダなどを用いた等間隔の計測が可能です。
  • 画像キャプチャーボードレスでPCへの画像取り込みができます。
  • レーザのスペックルノイズ軽減の為フィルタ機能搭載。
用途

  • 高解像度を要する物体の高さ計測
  • 高解像度を要する物体の位置・体積・ 厚み測定
  • 精密さを要する各種外観検査用途
  • その他PCによる画像処理用途
感度波長特性

FD500GE感度波長特性

仕様

撮像素子 プログレッシブ走査 グローバルシャッタ方式
CMOS撮像素子
1インチサイズ
ユニットセルサイズ 5.0μm(H)×5.0μm(V)
白黒撮像素子
有効画素数 2560(H)×2048(V)
読出し走査 水平走査周波数:fH=44.8KHz
垂直走査周波数:fV=10.0Hz
センサ画素クロック:fpc=72.0MHz
出力階調:8/10/12bit
映像信号出力 プログレッシブ走査:10フレーム/秒(※1)
デジタル 8bit階調(ギガイーサネット)
GigEVision 方式準拠
プロファイルデータ出力 8,400プロファイル/秒(最速時)※1
デジタル8/10/12bit階調
GigE Vision 方式準拠
データライン数 ラインスキャンモード時:無制限
エリアスキャンモード時:1~4096
外部トリガ ランダムシャッタによる同期動作
電子シャッタ 1/16000秒~1/30秒
ランダムシャッタ プリセット固定シャッタ
走査モード 全画素/部分(任意ライン数読み出し)
レンズマウント Cマウント
光学フィルター なし
外部制御 イーサネット経由シリアルインターフェース
特殊機能 光切断法によるプロファイルデータ出力
電源 DC12V±10%、500mA
動作周囲温度 0℃~40℃(結露のないこと)
保存温度範囲 -30℃~60℃(結露、結氷のないこと)
耐衝撃 70G
耐振動 7G
外形寸法 46(W)×54(H)×59(D)mm
重量 200g

※1 GigEの帯域制限により、フレーム数、プロファイル数が低下する場合があります。
(注) 光を透過する物、表面が鏡面状のものなど、対象とする物の特製により正常なプロファイルデータが得られない場合があります。

外形寸法図